ペットボトル梱包材生出

包装材の色

包装の容器には透明なものと色の付いたものとがあります。色を付ける理由は様々で、時にはデザインとして付けますが、多くの場合、中の食品の品質保持のために施されます。

例えばビール瓶を思い浮かべてください。透明なビール瓶って思い浮かばないんじゃないでしょうか。

市販されているビール瓶のほとんどは濃い褐色をしています。肝心のビールを見ることが出来ず、不便とも言えますが、メーカーにクレームを付ける人もいないでしょう。

ほとんどの人が想像される通り、褐色にするのは遮光のためという大義名分があるのです。ビールは太陽光に曝されると酸化し、劣化してしまいます。腐るかどうかは別にしても、味や匂いは間違いなく劣化するのです。

ビールだけではありません。特に太陽光の影響を受けやすい食品としては、油を挙げることが出来ます。油を入れて販売する容器についての技術も発展しています。